丸ちゃんの琴引浜日記

今日は、銚子山古墳の現地説明会に参加しました!

今日は、銚子山古墳の現地説明会に参加しました!

網野町の銚子山古墳は、丹後王国論を裏付ける遺跡の一つと考えられています。

ここ丹後は、4世紀末から5世紀前半に、有力な政治勢力があったと言う説があります。

今日は、現地説明会に参加してきました。

大変お天気が良く、沢山の人たちが 古の丹後王国に

夢はせていました。

私は、埴輪に関心が行き、

どこの誰が、どこの土を使って

どこで、焼いたのか興味があります。

また2200個ほどの埴輪の模様が気になります。

古代の人々が 何を表そうとしたのか、

いずれ破片として土に戻るだろう 埴輪に何を記録したのか

そこに関心が行きました。

先日稲葉邸で、体験した陶芸体験にも通じるものがあると思います。

今年前半の

自然の脅威から 今日の様な穏やかな日に

古代からのメッセージを受けた事は

明日からの生きる力になったような気がします。

生きる事は、学びの連続であります。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

#銚子山古墳 #埴輪 #丹後王国論 #網野町

カテゴリー:丹後王国

おはようございます☀

おはようございます☀

丸ちゃんも ちゃんとお料理してますよ!

日頃のブログからは、いったい丸ちゃんは、仕事をいつしているのか?

と思っておられる方も多いと思うのですが、

私、絵と同じで、地味な仕事にはまります。

例えば今の時期でしたら

栗の🌰渋皮煮や生姜の佃煮。

芋ツルの佃煮など。

何度も煮たり、味付け直したりの仕事が

こう見えても好きなんです。

油絵も同じで、

一度機械を正確にデッサンして

組み立て直して

何度も試行錯誤して

最後に

ここまでと 味を決めるのと

全く同じですね。

11月6日からは、カニ漁の解禁となり

丹後はもちろん山陰、日本海は 蟹一色に

染まります。

あの大好きなセコガニ【蟹の雌】に会えますね。

我が宿では、セコガニを食べやすくしてお料理してお出しするコースもありますので

お問い合わせください。

本日もお天気もよく

障子の張り替え、これは主人の担当ですが

冬に向けての準備に

取り掛かります。

カニ料理のご予約は、お早めに!

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

#カニ料理 #セコカニ #渋皮煮 #生姜

カテゴリー:丹後の「食」

毎日、バタバタしておりますが、

毎日、バタバタしておりますが、

今日もお勉強に豊岡まで。

最近は、西の方に行く事は、あまり苦にならない。

でもお昼ご飯を食べた後の運転は、凄く眠たいので、途中休憩をした。

道の駅 くみはまSANKAIKANに、平日なのに結構車が止まっていて おどろいた。

今の時期は、梨(京たんご梨)が美味しい。

高糖度でみずみずしい京たんご梨は果物で唯一の「京のブランド産品」。

秋から初冬にかけて新高、幸水、豊水、新興、晩三吉なども出荷されます。梨狩も今の時期でしたら、

できますよ!(極上のふるさと 京丹後より)

 

さて、月日は、早いもので、10月も半ば。

もうすぐお客様が楽しみにしているカニ漁解禁となる。

ご予約のお電話もいただき、今年もお顔を見せていただくのが楽しみである。

今年は、地震、大雨、台風等次から次へと自然界の脅威を感じた年であった。

今ここにきて少しは落ち着いてはいるが、

空の雲の形や、色を気にしてしまう自分がいる。

帰りに久美浜で買い物をしていたら あたりがすっかり暗くなり

季節が変わっていることに気がついた。

学んだ事は、一つでも実践すべきと、今度は、

夕食後の睡魔と闘っているのである。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより。

キーワード 琴引浜 カニフルコース 天然温泉 貸切風呂 ズワイガニ 京丹後


 

 

カテゴリー:丹後の「食」

新たな動き!

新たな動き!

丹後には、非常に沢山の古墳があってここ網野町の銚子山古墳は、お隣の丹後町の神明山古墳と同じ

前方後円墳であり、全長200メートルの大きな古墳である。

今整備中で、3年後には、駐車場などの設備も出来完了するらしい。

ここにきて、この銚子山古墳の勉強をガイドの方でしようという話になり、

鳴き砂文化館で、開催しようと盛り上がったところ。

偶然丹後の神社、遺跡などに興味のある人たちとであった。

丹後という所は、物作りの得意な土地がらか、

あまり古くを語らない。

こんなに 多くの遺跡の事も

住んでいる人たちも感心をあまり持たないように

思われる。

銚子山、銚子山と口にだしていたら、

本日のお客様は、丹後の古墳や、神社に興味を持たれ

一人旅を楽しんでおられる方であった。

もっと詳しくお話が出来たら。

やはり勉強会は、開催したいと思った。

今回二科展に、入選した作品は、

勾玉といっても良い。

この形は、虫のようにもみえるし、胎児のようにもみえるのは、私だけであろうか?

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

私は、時々ーーー

私は、時々ーーー

今日は雨が降り 肌寒い日でした。

昨日のセミナーで、自分のライフバランスを見た時に

家庭、健康、スキルアップが

極端に出来てない事に気づいた。

特に家庭に関しては 子育て 介護も終了しているので

力の入れ方が すごく悪い。

いくつになっても 娘との関係が

今ひとつなのも このせいなのだろう。

家にいても 常に仕事や 地域の活動の事が

頭から離れない。

これでは いけない。

反省あるのみ。

そんな私は、時々スイッチが入る。

人には 人権と言うものがあり、

男女関係なく尊重されるものだと思っている。

一生懸命働き 子育てをし、社会活動をされている多くの女性を

私は見て来ている。

そんな生き方を 尊重してどこが悪いのだろうか。

経済も同じで、儲けばかりが先立っては、

持続可能な社会には ならないと思う。

大変残念で 悔しいのは

私よりも若い世代の女性が

尊重されてない事実。

日頃の活動をセーブしようと思った矢先の

出来事だった。

だから時々スイッチが 入って

例えば絵にぶつけたりしているのである。

あなたが 悪いわけでは ありません。

社会が おかしいのです。

与謝野晶子は、ここ丹後にも 琴引浜にも来て

歌を読んでいるが

その頃と 少しも変わらない丹後が

ここにある。

今一度 考えるべき事である。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

今日の出来事!

今日の出来事!

昨日は、せっかくブログが調子よく書けたと思っていたのに、

アップしたら、半分以上が消えていた。

もう一度書き直す気力もなく、

そのままで、申し訳ございませんでした。

それより、悲しかった事とは、

このカニシーズンが始まる前に

はまってしまう韓国ドラマが 終わった事が

悲しかった。

若い世代向けのドラマであったが、

毎回楽しみにしていた。

丹後に住んでいると なかなか若い世代の方に会う機会が少ないのだが、

本日参加したセミナーは、

若い女性が多かった。

大手の会社にお勤めの方たちで、

遠い昔のOL時代の記憶がよみがえった。

目標とする人は、誰ですか?の問いに困ったのだが、

私のグループの方は、会社の上司と

答える人が多かった。

昔の私だったら、どう答えたのだろうか?

当時、女性社長、副社長の元に働いていたので、

彼女たちのように、何の抵抗も無く、言えたのだろうか?

この30年近くを自営業にどっぷり浸かった丸ちゃんは、

仕事が組織の中にある感覚では、最早ない。

ファミリーであるかわりに、

常に断崖絶壁の上に立ち、スリル満点の

人生を送っている。

そうである、足元は、いつも経ヶ岬。

ゴミもそこには、漂着できないほどの

厳しい環境にある。

だから私は、

最先端の経ヶ岬に

心躍らされたのである。

本日のセミナーは、異次元の中でこれまた良かった。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより。


カテゴリー:丸ちゃんの独り言

本日は、晴天なり!豊岡までお勉強に!

本日は、晴天なり!豊岡までお勉強に!

 

「寝浴」は仰向けの状態で寝ることができるくらいに浅くなっている専用の浴槽でおこないます。
このような浴槽は、一般的に「寝湯」と呼ばれています。

肩までお湯に浸かる全身浴では、全身で500kg以上の水圧がかかるのに対し、寝浴は水圧による体のへの負担が少ないうえに肩までお湯に浸かれるので理想的な入浴法の一つです。
ただし、気持ちが良いからといって、そのまま寝てしまわないように注意しましょう。

という事で、丸ちゃんの寝湯リポートは、続く。

本日は、ちょっと長くなりました。お付き合いいただきありがとうございました。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより


カテゴリー:お客様の声

久しぶりに丹後を脱出しました!

久しぶりに丹後を脱出しました!

昨日は 久しぶりに丹後を出て 都に日帰りで行ってきました。

午前中は 教育旅行の打ち合わせで

京都府庁に

顔出しました。

玄関前の地球環境京都宣言の看板ですが

何度読んでも 頷ける。

何か一つでも 出来る事から はじめないと。

午後より

京都市美術館別館で

二科展を鑑賞しました。

遠く丹後から 出て来たと言う事で

当番も免除していただきました。

先生方から アドバイスをいただき

次の作品に向け頑張ろうと思います。

いよいよ私と油絵の

新たな取り組みに向かって

進もうと思います。

より生活の中に 絵を取り込もうと

思います。

丹後でのスケッチを 始めようと思います。

海岸線で 丸ちゃんを 見かけるかもしれませんね。

絵のおしゃべりいたしましょう!

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

秋風は、迷い猫にも 優しく!

秋風は、迷い猫にも優しく!

今日のように穏やかな日は

雨風の荒れ狂った時間を忘れさせる。

冷んやり冷たい秋風は、

どこか居場所を探す迷い猫にも

優しい。

先月 台湾に行きそびれた私だが

日本に 残されたもう一つの道から

新しい未来が 繋がっていく。

偶然ではない、

この為の あの日の決断。

今 新しい歯車が 回りだす。

この琴引浜から

新しい発信が 見え出した。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより。

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

打ち合わせ ラッシュ!

打ち合わせ ラッシュ!

10月に入ると、毎年恒例のスバル高校×網野高校のコラボ企画が待っている。

多分この企画も 大詰めの予感。

来年はいよいよ、学校側が 地域に展開していけるかの

判断の年となりそうだ。

今から6年前、京都府の事業として、都市と農村交流を目的とした企画を提案。

最初、都市側の相手方は、実は高校ではなかった。

前年度中に打ち合わせをしたNPOの団体が

春、急に活動中止となりました。ゴメンナサイ。

と言われ私たちは 宙ぶらりの状態。

地元網野高校と ご縁のあったスバル高校のコラボ企画として、新たに発展。

多くの人々の手によって、今日にいたっている。

関わっていただいた、生徒の数は、420名を越えるとおもわれる。

琴引浜を通して、自分たちの進路のヒントになった方も多いと聞く。

どうか、終わりが来るのではなく、次の未来の子供たちが

環境問題に関心を持ち、世界に発信していただきたい。

まだ、準備途中であるが、

あちこち打合せラッシュの日々を送りながら

夢をみているのである。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

カテゴリー:ご案内