丸ちゃんの琴引浜日記

おはようございます!春です♩

おはようございます!春です♩

アーッというまに3月も終わりそうですね。

カニシーズンも 終わります。この間たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。

ご紹介いただいたお客様 また来シーズンも是非お待ちしております。

また長年ニュー丸田荘を応援いただいているお客様 ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

最近は、新たな体験メニューの開発に参加している丸ちゃんです。

これからの季節 ほぼ平日は貸切状態の中 一緒に丹後での体験を楽しみませんか?

合わせて丸ちゃん工房は どうなっているのか お尋ね下さい。

少しは、プレッシャーもかけないと 片付けが進みません。

油絵の方も 滋賀県で展示予定ですので、お楽しみに!

今年の丹後のベストシーズンがどうなるのか 乞うご期待下さい。

琴引浜画家女将の丸ちゃんより。

カテゴリー:ご案内

時代おくれの 乙女になりたい!

時代おくれの 乙女になりたい!

丹後で出会った師匠との約束は、ずーっと油絵を描きつづける事。

季節集中型の家業も 年々体力に自信が無くなっている。若いアルバイトの子が入らなくなり、近頃では、年配の方でもお店を掛け持ちする時代。

自分たちも、アルバイトの人達もいつまで続くのだろう。

そんな中、今年のはだしのコンサートは、ナホトカ号重油災害から20年目ということで、新しい取り組みがはじまった。

昨日は網野高校美術部の生徒さんと一緒に ナホトカ号についての講義をうけその後、漂着物アートの構想をきいた。網野高校は、師匠と出会うきっかけとなった学校である。

京丹後 宿おかみさんの会 まんまくらぶ シンクロといった形で学校にはお世話になってきたが、今回はじめてアートでご縁をいただく事になった。

これをきに、自宅工場もいよいよ 片付けて「丸ちゃん工房」らしくする時がきた。

完璧なギャラリーとなるには 程遠いであろうが、5月に和歌山からお越しいただくお客様にはぜひ立ち寄っていただきたいと思っている。

一つ残念なことは、恩師がこの世を後にされたことである。

私にとって絵を描く事は、修行なり。

年こそ取ってはいくが、このアナログな物つくりの原点は 若き日と変わってはいない。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより。

カテゴリー:ご案内

おはようございます! ニュー丸田荘2階から。

おはようございます!ニュー丸田荘2階から。

本日も雪景色 の琴引浜です。

昨日は丹後震災から90年と言う事で、地元の海蔵寺さんのお手伝いに丸ちゃんも行って来ました。

この掛津地区もたくさんの方が亡くなられているそうです。昨日も朝から雪が降って寒い1日でした。おにぎりと豚汁の炊き出しと言う事でした。外で、テントを張っていただき豚汁は作りました。

当時も雪が降っていたとか。今回はお寺の台所もお借りしましたし、御飯は事前にメンバーが炊いてもってきました。次回は、御飯も炊くところからやるべきだという意見もメンバーの中から早速出てきました。貴重な体験をさせていただきました。

 

今回準備物を集めて思った事ですが、ニュー丸田荘の前身におじいちゃんおばあちゃんがやっていた民宿丸田がございました。この店で使っていた食器類がたくさん自宅にはあります。その中から割れにくい器を使っていただきました。

たまたま織物業から 観光業に自営業を変えてきましたが これからの地方には宿泊業も観光だけでは無く防災の視点からも存続が大切だなと思いました。

普通の家庭よりは たくさんの食器類、寝具、部屋、備品等がある事。

そして常に食材加工のノウハウを持っている事です。

今日は、確定申告にも行ってきます。厳しい経営には違いありませんが 持続可能な店作りは、地域作りかと納得したわけであります。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

カテゴリー:丹後の「食」

こころ弾む、3月です。

こころ弾む、3月です。

毎年の事ですが、お正月から3月までは、あーっと言う間に過ぎて行きますね。

先月の大雪も 何だったのか。

子供が小さい時は、必死になって雪道も運転してたのに、今ではビビリまくりで、不要不急の外出を控えておりました。

カニシーズンも終わりが見えて来ました。

ゆっくりしていただける平日のお泊まりをお薦めいたします。

4月からは、丹後を楽しんでいただける体験が一杯です。

皆様のお越しをお待ちしております。

カテゴリー:ご案内

久しぶりに、お会い出来ました。久美浜編

久しぶりに、お会い出来ました。久美浜編

今日は、チェックアウトの後 久美浜に 出かけて参りました。

体調を崩された事を 随分前に 聞いてはいた方ですが 中々お会い出来ずにいました。

玄関の奥から 元気な声が帰って来た時は、ホッといたしました。

お見舞いが 遅くなった事を お詫びして、次の方の所に!

今回の雪は、どこも沢山降ったようです。

琴引浜以外の所も雪が 一杯です。

こちらも久しぶりに、お会いする方で、お昼時に訪問してしまい、お仕事の真っ最中でした。

思わずおせっかい。

緊張感があり、どこか新鮮で、貴重な体験をさせていただきました。

一生懸命に、取り組んでいる姿に 脱帽です。

今回の寒波の後 春が近い事。

力強く歩いている人々が いる事。

私も前向きに、

次の作品作りに 取り組もうと思いました。

本日は 久美浜から パワーをいただきました。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより。

カテゴリー:ご案内

雪が降り続いております。

雪が降り続いております。

ほんの1日の間に、雪がどっさり降っております。

今回 残念ながら お会い出来なかったお客様。

次回こそは、お天気に恵まれますように!

 

 

宿の駐車場の雪かきが終わり

自宅の駐車場の雪かきに 追われております。

長年連れ添った タントちゃんが 雪ダルマに!

車も主人も

寒さには、メッポウ弱くなったものです。

それでも 雪国育ちの血が騒ぐのか、

外の雪が 気になり出たり入ったりして

時間が過ぎてゆきます。

春は、そこまで来ております。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

カテゴリー:ご案内, 丹後の「食」

またまた、寒波の予報!

またまた、寒波の予報!

このところ、寒むくなると、心身ともに疲れがでて、引きこもり状態になっております。

今週明けも 予定を全てキャンセルすることに。

寒波に負けない体力作りを真剣に 考えないと。

前回の寒波の時は、海辺はあまり雪がつもりませんでしたが、大雪になるとこちらでも 雪かきをする事があります。

それこそ体力勝負。

そういえば、新しいスコップも ママさんダンプも

買って雪に備えています。

今週末 優しい雪であってほしいです。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより


カテゴリー:琴引浜

気がつけば 2月です!

気がつけば 2月です!

北風が 今日も吹いております。

昨日お泊まりのお客様は、1年に一度 旅の仲間が カニの時期に集合。

いくつになられても パワフルな女性グループ。

チェックアウトを少し早めにされ、

離れ湖の近くの お店に、

オリジナル一味と苺を求めて、お買い物。

大きな苺に 感動!

今日も 冬の日本海をバックに記念撮影をされて 丹後を後にされました。

ありがとうございました。

今週末からは、京都府立網野高等学校 第44回美術・書道作品展が 開催されます。

平成29年 2月4日 9:00〜17:00 

網野体育センター

本日 丸ちゃんも学校に搬入して来ました。

お近くの方は、見に来てください。

IMG_1529

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

カテゴリー:ご案内

雪降りのあとは!

雪降りのあとは!

大雪の地域の皆様ご苦労様です。

今回 琴引浜は、風が台風級だった為なのか ほとんど雪がありませんでした。

思いがけない キャンセルで じっくりデスクワークに取り組む事が出来ました。

この大雪で 私も城崎でのセミナーを当日キャンセルしました。

仕事がら 申し訳ないと言う思いと、雪国育ちの教訓で

こんな日は、バタバタしない事。を選択いたしました。

今年は、いろんな風が吹くでしょうが

自分が乗れる風は、限られているように思います。

そんな中 昨日、今日と絵筆が 進みます。

2月には、いつもお世話になっている網野高校の

第44回 美術.書道作品展が 開催されます。

これに向けて 作品を制作中です。
IMG_1529いつも同じような絵ですが、

今回は、テーマがあり、バックを白くする事。

白とは!

色の勉強を 真剣に取り組みます。

あと、10日ほど頑張ります。

明日からは、気温も上がりそうですね。

IMG_1530

カテゴリー:ご案内

雪の日に 想う!

雪の日に 想う!

またまた寒波が やって来ました。

琴引浜は、風が強いのか 今回も積雪が少なく済んでおります。

テレビや、FBを見ていると どこも雪が 多そうです。

そんな今日は、昨日のお泊りのお客様と 網野の石堂布団店さんに見学に 行って来ました。

客室に 置いてある骨板枕に 興味を持たれ 是非行ってみたいと言う事に!

綿打の作業や 実際に丹後ちりめんの座布団の綿入れ作業を 見せていただきました。

「綿の気持ちに なって」

ご主人の丁寧なお仕事を見せていただき皆さん 感動されてました。

ここ丹後は 街の人たちが 丹後ちりめんを大切にされています。

着なくなった着物を のれんやお布団 ケット。

いろんなリメイクが ありますね。

降り続く雪の中 お客様は 丹後を後にされました。

秋には、こちらからお客様の所に 行きたいと思ってます。

黒豆の時期に。

image琴引浜 画家女将の丸ちゃんより
image

カテゴリー:ご案内