丸ちゃんの琴引浜日記

明日は、夏本番です!

明日は、夏本番です!

いきなり明日は、夏本番になり 今日は、その準備に忙しい1日でした。

暑さも厳しく、水分を飲んでは、汗をかき。

汗をかいては、水を飲むの繰り返しの1日でした。

明日、丹後にお越しのお客様。お気をつけてお越しください。

また、今日は、龍宮シーカヤッククラブが始動いたしました。

私は、本業に専念せねばならず、お手伝いは、できませんが、看板製作だけは、させていただきました。

今から、18年ほど前に 丹後で初めて描いた油絵が、龍宮プロジェクトの青の洞窟のある犬ヶ岬でした。

まさか、未来にシーカヤックで、そのふもとに自分が近づくなんて、思ってもおりませんでした。

そして、私の描いた看板が、西口船長さんの手によって 大切に竹野の浜に 犬ヶ岬をバックに飾っていただけるなんて、なんと有り難い事でしょう。

恩師に少しでも ほめていただけるでしょうか?

「先生、空から私の看板は、見えますか?

あいかわらず、雑なタッチです」

私も現地の看板を、この連休が明けたら見にいきたいです。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

カテゴリー:シーカャック

夏ですよ! もう暑くて 海に行きましょう!

夏ですよ! もう暑くて 海に行きましょう!

汗だく に なってお掃除して ます。

こんな暑い日は、琴引浜でしょ!

「車は、早めに 置けますか?」

よく聞かれますが、

チェックインは、午後2時からですが、お昼頃でしたら 大丈夫ですよ。

着替えの事等、御遠慮なくお聞き下さい。

と言う訳で 明日 琴引浜に 来て見ませんか?

🌟 お食事付き

🌟お得な素泊まりプラン

🌟 朝食付きプラン

 

とにかく暑いですね。

さあ これから 今年はまっているトマトソース作り第4弾

はじめます。

 

琴引浜 画家女将の 丸ちゃんより

カテゴリー:ご案内

今年は、10回目のチャレンジ!

毎年お盆前には、かき上げなければならなかった油絵。
今年は、運送会社が変更になったおかげで、時期が少し遅くなった。
この時期になると 不真面目な丸ちゃんでも 絵のヒントが降りてくる。
大方メインの作品の構想は、出来上がってきた。
あとは、丁寧に作業をすすめるのみ。

同じ時期 龍宮プロジェクトのシーカヤッククラブの看板の依頼を受けている。

こちらは、締め切りがそこまできている。

この2日間で仕上げなければならない。

こちらも構想は、出来ている。

足りないペンキを買いにいったのだが、近頃はペンキの数も少ないし、料金も高い。

塗料も体に良くないと明記されている。

最近ペンキを買うことがなかったので 探すのも苦労した。

外の看板なので、色落ちしないか心配だが、とにかく明日には7割がた完成させねばと思っている。

この夏丹後の海に来られたら 丸ちゃんの看板をさがしてくださいね。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

カテゴリー:シーカャック

琴引浜から おはようございます!

琴引浜から おはようございます!

今日は、土曜日。

海のお客様も お見えになります。

油絵の締め切を来月に控え 後半戦に突入の丸ちゃんです。

今回10回目のニ科展チャレンジで、思う事は、

この10年間は、地域活動をとうして感じた事。

喜び、悲しみにぶち当たって、油絵も出来たのだと。

ここ2年ほどは、整理整頓の作風に なってます。

これは広く 今の時代を繁栄しています。

溢れる、物や思いを一度 整える事が

明日への一歩なんだと。

10年の作品は 私になりに 生きた証になっております。

恩師との約束通り、描き続ける事。

道楽としか言えない。

たくさんのお客様や 活動でお会いした皆さんに、

今回の作品が どう仕上がるのか 見ていただけたら 嬉しいですね。

もう少し時間を下さいね。

今日は、暑い日になりそうですね。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

お客様のお声から!

お客様のお声から!

そうげい、観光のアドバイス。いろいろありがとうございました。一人旅少しさびしいかナ?と思ってましたが おかみさんや行った先ざきの方々皆さん親切で、すごく楽しかったです。

今度は家族で来てこのきれいな琴引浜を楽しみたいです。その時には間人〜伊根の方へもぜひ。

(大阪府 H様 )

ーー ーー ーー ーー ーー ーー ーー ーー ーー ーー ーー

先日 一人旅で、お泊まりいただいたお客様からのお言葉です。

私もそうですが、今の時代はすごく制約される事や ネットなどの普及で、情報に触れてないと不安になったりで、ストレスをすごく感じます。

幸いにも私の仕事には シーズンがあって 当然オフシーズンがあります。

そのオフの時に 心をリセットできます。

でもお勤めの方には オフと言える時がありませんよね。

この丹後の地は、心のリセットにちょうど良いのです。

少しばかり不便な交通網。

観光慣れしていない街並み。

飾る必要の無い海 緑。

どうぞ 羽根を休めに来て下さい。

実は 私も ここに住んでますが 羽根を休めているのです。

来週  末からは、海のシーズンです。

お盆過ぎになりましたら 静かな街に戻ります。

この街で 優しい村人に会えたなら

きっと飛ぶ勇気が 湧くでしょう。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

カテゴリー:お客様の声

出来の悪い生徒では、ありますが!

出来の悪い生徒では、ありますが!

誘客のアドバイスを受けている、コムサポートオフィスの今井ご夫婦のセミナーに参加して来ました。

オフィスを立ち上げられてから 何回か指導を受け 今回の講座も余裕で 受けても良いものの。

出来の悪い生徒は、時間内にプラン変更出来ず。

情けない事です。

今井さんご夫婦との出会いも ジオパーク活動のご縁があったからこそ。

その頃が 大変な時期であったと話され 我が宿は、いつまでたっても大変なまま。

むしろ時代の急激な変化、環境の変化に ドンドン首を締められ続けている。

100軒の宿があれば、100軒の個性。

そうだ、これからも京丹後の100軒の宿は あり続けましょう。

街のお店も あり続けましょう。

こうして 机の上で、商売を考え、明日も当たり前に仕事が出来ると。

 

大雨の災害にあわれた九州の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

本日は 思いきった日!

本日は 思いきった日!

春から今日の公演を楽しみにしていた。

チケットを手に入れるかは 随分と悩んだが 思いきって購入した。

坂東玉三郎 京丹後特別舞踊公演に行って来ました。

丹後ちりめんへの思いを語っていただき、この丹後の地のエネルギーを感じました。

美しい動きに 見とれながら 時が過ぎるのを惜しんでおりました。

会場に着物姿の方が 沢山おられ 丹後の人達の着物姿が もっと見れる時代になりますように。

 

夕方からは、スタッフのお姉さん達と、間人のとト屋さんで、夏前の拳固めのお食事会に参加いたしました。

今年のお料理のテーマは、健康と言う事でした。

我が宿も この夏を無事に乗り切り ますように。

良き1日でした。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより。

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

海開きも近いですね!

海開きも近いですね!

先週は、私が所属している 琴引浜ガイドシンクロで、地元高校の皆さんと 防災について考え 防災食の調理実習をいたしました。

避難所での設定で、水を極力使わない方法と言う事で、ビニール袋で、お米とカレーを作りました。

また鍋でご飯を炊く練習をしました。

袋が破れたのもあったりで、大勢の人の時は、どうなるのだろうか?

秋には、また生徒さんと一緒に課題調理に取り組みたいと思います。

 

日にち変わって

もう一つの学校は、2年に一度 琴引浜に短歌の学習に来られました。

こちらは、浜のガイドをさせていただきました。

生徒の皆さんは、暑い日ではありましたが、じっと話を聞いてくれました。

どんな歌が読めたのか 楽しみです。

この様に 夏の海水浴の前に琴引浜は、にぎやかになっております。7月1日から 1日漁師券が 販売されますよ!

カテゴリー:琴引浜

梅雨なのに 良いお天気がつづきますね。

梅雨なのに 良いお天気がつづきますね。

先週は、丸ちゃんのFBや、ブログをみてくださっているお客様が、

紹介したお店や場所を訪ねて丹後にきてくださいました。

もちろん地元のお友達にも喜んでいただき 今の時代繋がる人は繋がるのですね。

このブログも お休みが多くてすみません。

今丸ちゃんは、トマトソース作り、イチゴジャム作りにはまってます。

離れ湖の近くの「たによし農園」さんで ゲットしたトマトやイチゴで じっくり作ってます。

この夏お客様に お出しできるよう作ってますので お楽しみに!

ただじっと店にいますので、間食が多くて 食べすぎです。

特にジャムは美味しくてパンに塗っては、食べてます。

この時期 皆さんお片づけすすんでますか?

丸ちゃんは、こうみえても少し進んでます。

あとは、油絵をかきだしたら、優等生なのにな!

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

カテゴリー:シーカャック, 丸ちゃんの独り言

おはようございます。お客様の声から。

おはようございます。お客様の声から

縁とは不思議ですねネ。引かれるように訪れたニュー丸田荘さん。

おかみさん(奥様)とのお話の中で 東日本震災時、ボランティアさんで我が宮城県に来ていただいたと伺い本当に嬉しく、有り難く思いました。宮城県いや震災にあった東北も少しずつ復興の兆しが見えていますし、元気に頑張っていますが、それでも課題はまだまだ大きいものがあります。

でも皆様 からいただいたご恩は東北人は決して忘れません。

ーー ーー ーー ーー

お陰様で楽しい旅になりました。縁は続きますように。

大変お世話になりありがとうございました。

(宮城県 S様)

震災の年の秋に 京丹後市 宿 おかみさんの会のメンバー4人で仙台にいきました。

ボランティアとは、いえませんが、会で集めたタオルや風呂敷を避難所にお届けに行ってきました。

当日は台風のさなか、伊丹空港に掛けつけ飛び乗ったプロペラ機が まるで舟に乗ったようにゆれて窓の外の厚い雲が波に見えたのを覚えています。

偶然今回遠く宮城からお泊りいただき、東北の皆様がどうされているのか。日々の生活に追われている自分に気づかせていただきました。

震災の後も台風の被害も受け大変なご苦労をされたそうです。

また私も仙台に 行こうと思います。

人のご縁は不思議です。6月のこの時期に この仕事に感謝するばかりです。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

 

カテゴリー:お客様の声