丸ちゃんの琴引浜日記

網野町 アルアル!

網野町 アルアル!

鳴き砂文化館で、網野町銚子山古墳発掘調査についての

勉強会に参加した。

この時期、お仕事もあり、

文化館を出たり入ったりと

他の方にご迷惑をかけながらの受講であった。

この古墳が 築かれた時は、八丁浜は砂州であったそうだ。

この古墳に葬られていた人物は、少なくとも大和政権と関係を持ち、大陸との交易等にも携わった地域の有力者であると考えられているそうだ。

学べは学ぶほど 夢が広がって行く。

じっくり聞けなかったのが残念ではあるが

昨年の秋の現地説明会の時に、

丹後型円筒埴輪の 模様が気になったのだが

弓矢や 龍などがあり

当時の人々の思いが 少しだけ伝わった。

まだまだ知りたい事が多く

網野町アルアルは、

始まったばかりである。

琴引浜画家 女将の丸ちゃんより

カテゴリー:丹後王国