丸ちゃんの琴引浜日記

おはようございます。梅雨かな?

おはようございます。梅雨かな?

この所、断捨離と絵描きの日々です。

琴引浜画家女将の丸ちゃんです。

何年か、アトリエの工場の部屋を 物を突っ込んで放って置いた所、

ネズミさんの 城になってしまいました。

春から少しづつ 片付け出したものの

ゴミの山でした。

ところがここに来て 時間とやる気が 降りて来まして

一気に片付けが進んでます。

せんじつの大津での ヒントを受け

二科の本展に向けて、絵筆が 進んでいます。

ほんの短い 丸ちゃんの時間ですが

生まれた月が 6月という事は、

丸ちゃんの歳のはじめ的な、

毎日を送っています。

一日も早く 皆さまに、ギャラリーもどきを

見ていただきたいですね。

安心して下さい。

ちゃんとお料理も してますよ!

次回は、トマトの🍅お話しいたしましょう

   #京丹後 #鳴き砂 #琴引浜 #かに #松葉蟹 #民宿 #カニ料理 #画家女将 #京都

#二科展 #油絵 #ウォーキング #seafood #japanesefood 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

京丹後は 龍宮です!

京丹後は龍宮です!

また一つ歳を取った琴引浜画家女将の丸ちゃんです。

昨日は インスタ勉強会が終わり帰りがげに

一緒に勉強した 京丹後 宿 おかみさんの会のメンバーから

バースデイケーキのサプライズプレゼントを いただき 大変感激いたしました。

また夜は、京丹後龍宮シーカヤックの皆さんからも お祝いいただきました。

この丹後に 来てから大方28年目になります。

そしてこの仕事についてからも28年。

優しい丹後の女将さん達と出会い

暖かく包まれて 幸せに思います。

それぞれ時代の変化で、観光業は厳しく

新たなインバウンド対策も取れぬままの京丹後市ですが、

繋がる大切さを感じている女将さん達。

共に学び 共に進化して行こうではありませんか!

こんな女将さん達が お出迎えしてくれる京丹後

まさに 龍宮だと。

またシーカヤックを通して

海に出て 感じてください。

この夏は、ぜひシーカヤック体験を

してください。

カテゴリー:シーカャック

今年も、無事終わりました。はだしのコンサート!

今年も、無事終わりました。はだしのコンサート!

プレイベントのノルディックウォークから コンサートまで、

2週間続けてバタバタと過ごしました。

琴引浜画家女将の丸ちゃんです。

2018 はだしのコンサートが、

無事終わりホットしております。

段取りの悪さに、嫌気がさし

先が見えぬまま諦めモード。

協賛依頼の言葉が見つからず 足が向かない日々が続いた。

長く続いているイベントではあるが 時代の変化を凄く感じる。

コンサートの実行委員会体制を 無くしては、いけない。

もう一つのこの村の エンジンルーム。

両輪でこそ 次世代につながる村作りが 出来ると思った。

スタッフの皆さんそれぞれ公私ともに 貴重な時間を費やしている。

この時間が 未来に花咲く事を信じて。

このコンサートが 地域の人々のものに なりますように、

また次に 向けて歩き出している。

カテゴリー:ハダシのコンサート

インバウンドの勉強会に行ってきました。

インバウンドの勉強会に行ってきました。

昨日は、海の京都が主催するインバウンドの勉強会に行ってきました。

締め切りに追われている、琴引浜画家女将の丸ちゃんです。

この勉強会、私どものような小さな宿が参加するのも と思っておりましたが、

今まで京都府と京丹後市観光協会とともに作り上げた琴引浜の教育旅行がこのままでは、

中途半端で終わってしまいそうで、もうひとふんばりかと思い参加しました。

1年に一度だけ参加する台湾の商談会でお会いする方々に 会場でお会いでき

今年の9月の商談会にむけての戦略が出来そうで こちらは新しい動きとなりそうです。

ただ今後1ヶ月に1度秋まで 勉強会を開催すると言われこの先仕事が入ってくるので、

皆勤賞ではない予感です。

それにしても、いつも京丹後のインバウンド受け入れ体勢に苦言をていされる。

確かにまだまだ関心がうすいのであろう。

昨年に比べてネットからの外国人の数は、減ってきている。

なんちゃって京都が、遠い京都とバレテきているのだろう。

山陰海岸ジオパークの魅力は、ウォーキングにありと勝手に思い込んでいる

丸ちゃんにとって、京丹後は魅力たっぷりのところである。

海外のお客様に ぜひ知っていただきたいのである。

まずは、身近な所から発信するのがよさそうである。

6月3日のはだしのコンサートに向けて、あわただしい日々を送っているのだ。

何せ、マイクロプラスチックから地球を救えである。

#はだしのコンサート #マイクロプラスチック #インバウンド #山陰海岸ジオパーク

カテゴリー:ハダシのコンサート

はだしのコンサートプレイベント ノルディックウォーク無事終わりました。

はだしのコンサートプレイベント ノルディックウォーク無事終わりました。

5月27日 はだしのコンサートプレイベントのノルディックウォークが無事終わり ホットしている琴引浜画家女将の丸ちゃんです。

前日の峰山のこまねこウォークと週末2つのウォーキングイベントに参加して 思った事。

2day ウォークで宿泊客を増やそうと 計画したものの 宿泊どころか 当日参加も なかなか集まりませんでした。

遠くは、豊岡からのご夫婦が参加いただいたのは 京丹後市観光協会のご協力をいただいたおかげであります。

また観光協会ノルディック部会の皆さんにも参加いただき盛り上げていただきました。

地元ガイドの都合で、コースを午前に、遊、三津地区を先に歩きました。

古地図を見ながら石碑を探しました。学習不足で、お客様には物足りない所があったと思います。

しかし海辺の街の中を歩く事は、とても良かった。

いろんな発見があり、来年もやっぱり頑張ろうかと思いました。

午後からの水晶浜で、漂着物の中で、飛び跳ねるアサギマダラが 悲しかった。

常に課題は、出てくるものであります。

カテゴリー:ハダシのコンサート

時空を 超えて!

時空を超えて!

琴引浜 画家女将の丸ちゃんの1日から。

峰山の 街中歩きを2時間ほどした。

やはり初夏の陽気で 30分も歩くと 暑さが応えた。

今日は 金比羅さんゆかりの寺院を 回った。

最後に 立ち寄った京極家の 墓地で、目の当たりにした光景は 悲しかった。

石碑が 無残にも放置されて2年半にもなるそうだ。

知らなかった。

人の魂は きっと時空を超えて メッセージを 送る。

それ故に 人は  人の悲しみに寄り添わなくていけない。

気づかないといけない。

なかなか気づく事が 出来ないのは 感謝の心を忘れて しまったからだと。

明日は、琴引浜で、はだしのコンサートプレイベントのノルディックウォークだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

着物のお話し!

着物のお話し

先日の玉三郎さんの 着物の立ち振る舞いを見て すごくショックを受けた

琴引浜 画家女将の丸ちゃんです。

今日は 感動冷めやらぬまま 着物のお話しです。

私の住んでいる丹後は 古くから丹後ちりめんの里です。

今でもちりめんの生産量は 日本一と 言われております。

普段着物姿の方を みる事は あまりありませんが

結構皆さん お着物をお持ちです。

私も もし良かった着て下さいと 着物をいただきました。

親しくさせていただいている呉服屋さんに、仕立て直しが 可能か見ていただきました。

すると大丈夫ですよと 言われ

秋に向けて 単衣の着物に仕立て直しをする事にしました。

ここ丹後は 着物のプロの方から  親切にアドバイスして いただけます。

予算にあった着物の楽しみ方を 教えてくれます。

ほんのすこし前の

着物姿が 普通だったあの頃に 戻りませんか?

もっと気軽に 着物を着て 街中 歩きませんか?

毎日 時間と 先の事ばかり考えて 疲れ気味の今日この頃。

落ち着いた時間を 取り戻したいと 思う丸ちゃんでした。

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

着物は 着たものの!

着物は着たものの!

今日は 坂東玉三郎 京丹後特別舞踊公演を

観賞させていただきました。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんです。

 

偶然 当宿のお客様も この公演に 行かれると言う事で

宿で 午前中は ゆっくりしていただき 会場までご一緒させていただきました。

遠く 東京からのお客様と 高松からのお客様でした。

それぞれファンの方で 昨日から この公演についてお話しさせていただき

道中の車の 中でも 盛り上がっておりました。

次回起こしの際は 琴引浜の露店風呂に 入る為の水着と お着物持参で お越し下さいませと

丹後ちりめんの里の楽しみ方を

お教え致しました。

私といえば 自分で 着物は、着たものの 玉三郎さんの 立ち振る舞いを

見せていただき これは まだまだ

着物 びとには、程遠いと感じた次第でございます。

丹後ちりめんの世界は

現在 過去 未来と

紡がれる糸の 1本1本が

物語を 作りあげている。

それは 無限に。

今日の日をありがとうございました。

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

毎日 発見!

毎日 発見!

このところ研修続きの 琴引浜 画家女将の丸ちゃんです。

ゴールデンウォークが終わった途端、研修や会議が続きました。

と言うか 仕事量が急に 減っている時間を そちらに当てていると

言った方が 正解ですね。

しかし先日の 研修地城崎は この時期は 外国の方が 多かった。

雰囲気も 随分と変化している。

どこか異国の情緒が。

行き交う人々を みているとやはり 活気がある。

また昨日の 京丹後市大宮町 奥大野地区での ピザ体験でも

発見あり。

こちらは 観光と言うよりは 地域作りの活気を 感じた。

京丹後市でも 大宮町に Iターン Uターンの方は もちろんですが、市内の町から 大宮町に

住む人が増えているらしい。

インバウンドチャンスの海辺の町は 少子高齢化が ドンドン進んで

学校の統廃合が相次いだ。もちろんこれは市内全体でも言える事でしたが。

子供の事を思う親としては活気ある所に住みたいと 思うのは当然ですね。

と言う事で、この2日間は

地域の活気の差を 観光目線 住民目線で 感じました。

結論は 可能性のある海の魅力を

どう活かすか?

発信続けるしかありません。

では 本日もよろしくおねがいいたします。

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言

おはようございます☀

おはようございます。

本日も良いお天気になりそうですね。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんです。

この時期研修続きですが 昨日は城崎のインバウンド研修に 行って来ました。

6年ほど前に、京丹後 宿 おかみさんの会で 城崎に視察に 行った事があります。

その時の城崎は、春、秋の集客に悩んでおられました。

おそらくその後 インバウンドに方向を決め今日の 賑わいにつながっていったのだと思います。

人口減の時代に、持続可能な村作り 地域作り。

観光業にとって インバウンドは もう避けてはいられない時になっています。

講師の山本屋さんの お話を聞いて 京丹後は ビーチリゾートの可能性があると思いました。

知名度の低い所を お金をかけず出来ること。

こまめにビーチを 表現するしかありません。

と言う事で 今朝は 一昨日植えた夏野菜に、水をやった後 琴引浜に!

写真を撮った後は 厄介者のレジンペレット拾いをしました。

6月3日は 琴引浜はだしのコンサートがあります。

5月27日はプレイベントのノルディックウォークが開催されます。

ご参加お待ちしております。

 

#琴引浜 #城崎温泉 #はだしのコンサート #レジンペレット #ビーチリゾート

 

 

カテゴリー:ご案内