丸ちゃんの琴引浜日記

ああ!福井モデル!

ああ! 福井モデル!

本屋さんで、福井モデルと言う本と出会った。

地方再生の最終回答。

私が、首を突っ込んでいる事の

ヒントが 福井にあると。

こんな田舎嫌だと あえて街を求めた若かりし頃。

結局縁があったのは、海がある丹後だった。

嫁いだ琴引浜は、すでに住民たちが浜を守る活動をしていた。

仕事優先の土地柄だろうに、浜掃除に積極的に参加する人々に

驚いた。

子育てにつまずいた時

世の流れに疑問を持つようになった。

仕事をこなしながら 時間を見つけ、

持続可能な村作りを模索してみるものの

ビジネスには、ほど遠い。

そんな時に手にした本。

福井モデル

まだ読破してはいないが 至るところに、強い教育力と言う言葉が出てくる。

確かにこの地で子育てしてみて わかる。

教育。

そう簡単に 答えが出るわけでは無い。

それだけは 言える。

秋の夜長は、読書に限る。

琴引浜 画家女将の丸ちゃんより

 

 

カテゴリー:丸ちゃんの独り言